iPhoneアプリはパソコンのMacとの相性が良く、AndroidアプリはGoogleアカウントとの同期が大切です。

iphoneアプリとandroidアプリの違い

当たり前のようにスマホでアプリを利用していると思いますが、iPhoneとAndroidの違いって分かりますか?
どちらも同じアプリなのですが、明確な違いがあるのでそれを見てみましょう。

 

まず、Appleが提供するアプリをiPhoneアプリまたはiOSアプリと呼びます。
次にGoogleが提供するアプリをAndroidアプリと呼ぶのです。

 

つまり、提供する会社の違いがiPhoneアプリとAndroidアプリの違いとなります。

 

アプリを開発する会社はiPhone向けにアプリを作るか、Android向けにアプリを作るか、選ばなければいけないのです。
もちろん、両方に対応したアプリを開発してリリースすることも可能です。
そのため、iPhoneにはあるアプリが、Androidには存在しないようなことが起きてしまうのです。
機種変更を行いお気に入りのアプリをダウンロードしたのに、見つからないということがあるのではないでしょうか?

 

Androidのアプリは自由度が高く個人でも簡単にリリースすることが出来ます。

中には悪意のあるアプリも存在しているため、怪しいアプリはダウンロードしないようにするか、セキュリティーソフトを入れて置きましょう。

 

その他にもパソコンとの連携が関係して来ます。

Mac

iPhoneアプリはApple製品のため、パソコンはMacとの相性が良いです。
音楽や写真はiTunesで管理出来るので非常に便利でしょう。
iTunesは音楽の購入も出来るので、一括管理に向いているのです。

 

Androidアプリに関してはGoogle製品なので、パソコンと言うよりかはGoogleアカウントとの同期が大切です。
これにより様々なサービスを一元管理出来るようになるのです。

 

どちらにもメリットとデメリットが存在するので、自分にあったものを選ぶのが重要です。
しばしばどちらが優れているかの論争になりますが、気に入ったものを利用するのが一番なのです。