iPhoneとAndroidの両方に対応したプラットフォーム”Unity”を利用する開発手法もあります。

iphoneアプリを開発するには

iPhoneアプリを開発したいと思ったなら、まずはMacの知識を取り入れる必要があります。
なぜならiPhoneアプリをリリースするには申請などをすべてMacで行わなければならないのです。
Macが無ければビルドを行うことも出来ないので、リリースはおろか開発も出来ないでしょう。

 

必要な知識としてはObjective-Cについての理解です。

iPhoneやiPadで使われているのはC言語をベースにしたプログラムのObjective-Cリファレンスです。
初心者用の分かりやすい解説書も発売されているので、書店で眺めてみるのも良いでしょう。
不安な人はネットで初心者講座を見てみて、実際に触れてみるのが手っ取り早いです。
覚えられそうなのであれば専門書を買うのが良いです。
しかし、難しくて理解出来ないのであれば買うお金が無駄になってしまう可能性が高くなります。
そのような場合は、プログラムを行える第三者を引き入れる方が確実です。

 

最近ではUnityを利用するのも良くある開発手法です。

UnityとはiPhoneとAndroidの両方に対応したプラットフォームなので、同時に両方のアプリを開発出来るのです。
まったく同じとは行きませんが、いくつかの処理を加えるだけで両方のアプリをリリース可能になります。
iPhoneとAndroidの違いとは?

 

それからiPhoneに関する知識も必須となるでしょう。

iPhone

iPhoneの縦と横の画面サイズや解像度が分かるでしょうか?
デザインはiPhoneの画面に合わせて作成する必要がありますが、プログラムの描画も合わせなくてはいけません。
さらにiPhone5とiPhone6では機能が違うため、それぞれに合わせて開発を行うのです。

 

Macの知識、iPhoneの知識、プログラムに関する知識、さらには申請に対する知識も覚えましょう。
そこまでやって始めてリリースが行えるのですが、Appleの審査でNGを出されてしまっては作り直しになります。
過剰に性的なものやグロテスクなものは、Appleがアプリのリリースを許可してくれません。
こららをすべてクリアしたものが、iPhoneアプリとしてユーザーの手元へ届くのです。