アプリ開発で収益を上げるには、世間のニーズを分析して、マネタイズ戦略を綿密に行います。

アプリ開発で収益をあげる

アプリ開発で収益を上げることは簡単ではありません。
個人で開発したシンプルなフリーアプリが、数千万の広告利益を出したことで注目を浴びていますが難しい道程でしょう。そもそも、世の中にリリースされているアプリの1%しか儲かっていないという現実があります。
それ以外のアプリは売上は出ているものの、黒字になるには至っていないのです。

 

大量のアプリが溢れており、無料でもクオリティーの高いものが増えている昨今でヒットを狙うのは至難です。

 

そこで必要になるのが、世間のニーズをうまく見極めることです。

どのようなアプリをリリースすれば多くのユーザーが遊んでくれるかを考えるのです。
口コミで広がることを狙うのか、広告を出して宣伝するのかでも戦略は変わってきます。

 

また、どのような収益モデルを組み入れるかも試行錯誤する必要があるでしょう。

ガチャのイメージ画像

一般的なソーシャルゲームにあるガチャによる課金を使うのか、それとも広告表示してクリックされたらお金を得るモデルにするのか決めましょう。
ガチャを実装するのであれば、ユーザーが興味を持つような魅力的な商品を用意する必要があります。それがかわいいキャラクターなのか、あるいは強い武器なのか、それとも別の何かなのかを考えます。

 

そしてこれを綿密に行うのがマネタイズ戦略です。

ユーザーにいかにゲームを楽しんでもらいながら、お金を使ってもらうかを理論的に詰めて行きます。
よくある失敗例としては、ユーザーにお金を使わせよう、と強く考えて暴走してしまうことです。
課金させようとするシステムは、ユーザーに必ず嫌悪感を与えてしまいます。
それを感じさせないようにうまく工夫しなければ、アプリ開発で収益を上げることは出来ないでしょう。

 

生活に密着したアプリを開発するのも良いかもしれません。

そうしたアプリなら多くの人が利用してくれますし、長い期間マネタイズが可能です。
しかし、生活に必要なアプリは既に出尽くしている感があるので、既存のアプリにプラスアルファが必要でしょう。

 

とにもかくにも、アプリ開発で収益を上げたいならしっかりと世間のニーズを分析することから始めるのが良いです。